読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに映画

映画、漫画、エンタメ情報など様々な主観、情報を記載しています!

キングコング 髑髏島の巨神 (※ネタバレ)

f:id:kkk007tan:20170403231821j:plain

 

公開日:2017/3/25
上映時間:118分


監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

脚本:ダン・ギルロイマックス

           マックス・ボレンスタイン

           デレク・コノリー

出演:トム・ヒドルストン

           ブリー・ラーソン
           サミュエル・L・ジャクソン

           ジョン・グッドマン

           ジン・ティエン
 
 

 

 

予告編

 

 

キングコング 髑髏島の巨神!!

ゴリラが主役!!ゴリラがカッコよく活躍する映画、イオンシネマ海老名にて観てまいりました!!

公開初日の土曜日ということだけあって、小さなスクリーンでしたが満席状態でした。

 

 

 

私の感想としましては、面白かったです!!

今回のキングコングは怪獣映画の醍醐味が詰まった映画でしたね。

いや~ほんと子供の時にゴジラを見ていた時のような、そんな感覚に近い物がありました。

ちなみにわたくしは去年大ヒットしましたシン・ゴジラはいまいち乗れなかったタイプの人間なのですが、、、、、

 

今回のキングコング何が良かったかと言うと、

まずは時代背景!正直今の時代にキングコングが現れても、正直言ってなんとか倒せそちゃいそうな気がしますし、なんといってもあの地獄の黙示録へのオマージュシーンとか、あの時代背景ならではの世界観でキングコングが存在している事に違和感が全くなかったです!!

あとは、全編クライマックスという宣伝文句がありましたが、、、、

まさにその通りの展開でした(笑) 

最近の怪獣映画は勿体ぶって、怪獣を出すのが遅いですが、今回のキングコングはのっけからゴリラが暴れまくりますね!!

f:id:kkk007tan:20170405225322p:plain

 

f:id:kkk007tan:20170405225343p:plain

 

f:id:kkk007tan:20170404233834p:plain

ゲンナディ・ゴロフキン並みの強烈な右カウンターをお見舞いされるシーン!!

「そんな振りかぶんなくても」ってくらいのワンパン!!

 

しかも変な人間ドラマがないので、キングコングが完全に主役としての存在感があるというのがこの映画の素晴らしいところ!!

怪獣映画は怪獣が主役でないと!!!

ゴリラに惚れる日が来るとは、という位コング君はカッコよかったです!!!!

f:id:kkk007tan:20170404234550p:plain

 

 

大きさもベストサイズでしたね!!

今回のコングは体長31.6メートルとかなりビッグサイズです!!

まあこれは、確実に奴と戦う為に体長をこれくらいにしたと思いますが、、、、

てか大体、前回のコングが7.6メートルって、、、

小っちゃすぎて迫力なさすぎだろ!!!!!!

 

 

あとは、コング以外にも巨大生物が沢山出ていたので飽きることなく見れたのでしょう!どの生物も、魅力的でしたし、次はどんな奴が出てくるのかワクワクする展開がずっと続くので、ほんとあっという間に終わってしまうかんじです!!!

 

 

アール・コール大尉の死に方の演出にはちょっと、文句を言いたいところですが、、、

f:id:kkk007tan:20170405230734p:plain

こんな犠牲心溢れる奴なのに、あんな死にざまは許せんだろ!!!!

 

 

 

f:id:kkk007tan:20170405231201p:plain

もうルール無用のお山の大将戦です!!

f:id:kkk007tan:20170405231222p:plain

 

 

 

とまあ私的には大満足な一作でした!!

エンドロール後には次回の布石が打たれているのでお見逃しなく!!!

そして2020年公開のコング対ゴジラ!!!

猪木対アリ、メイウェザー対パッキャオにつぐドリームカードに向けて、いいスタートを切ったんではないでしょうか!!

今後展開されていくマーベル・シネマティック・ユニバースならぬ、怪獣ユニバースに大いに期待ですね!!!